top of page

売り手様専任のM&Aアドバイザー業務のご案内


我々は、事業承継でお悩みの社長様に寄り添います。ハッピーリタイアや連続起業をご支援できます。仲介ではなくアドバイザーを、双方代理(的)ではなくセルサイド(売手様)のみに寄り添い、新しいМ&A支援業務を実現します。    


◆特徴その1:売手企業のオーナーに寄り添います。


○M&A事業者大手は、ほとんどが仲介の形態です。

 その機能は双方の仲介であり、売手側のアドバイザーではありません。


○仲介機能及び双方代理(的)の仲介会社では、初めて会社を売却される売手のオーナー様に

 とっては機能不足です。


セルサイド(売手様)のアドバイザーに専任いたします。


◆特徴その2:売手企業のオーナーの不利益にならない適正な価格での売却に最大限尽力いたします。


○安くするほど買手候補は増えます。


○高くなると買手候補は減ります。


案件成約が優先されるあまり、売手企業のオーナー様の知見不足と相まって、買い手優位の取引が少

 なからず発生しています。


○適正価格を探して最大限尽力する、売手企業のオーナー様が損をしない売却を行うよう最大限努力い

 たします。


◆特徴その3:適正な報酬でセルサイドアドバイザー業務をお引き受けします。


○報酬の料金体系や課金方法は様々です。

・レーマン料率に対して「総資産」や「譲渡価格+負債」を乗じたり、中間費用を徴収して、

 総額から減じない等フェアではない報酬が提示されています。


○当協会は適切な報酬体系を提案させていただきます。

・報酬額はレーマン料率に譲渡金額を乗じた金額で、完全成功報酬です。


◆特徴その4:売手企業のオーナーの秘密を守りながら業務を遂行いたします。


○稀にオーナー自らが売り歩いている事象を見ますが、お勧めしません。

・売却の情報が広く漏れてしまいます。

・金額や保証の交渉での不利益が生じる可能性が高くなります。


○適切な方法で会社(事業)売却を進めます。安心して取り組めます。


◆M&Aセルサイドアドバイザーは3つのサービスをご提供します。


◆1.М&Aセルサイドアドバイザー業務


   上記4つの特徴に即して、会社(事業)売却をお手伝いいたします。


◆2.セカンドオピニオンサービス(セルサイド・バイサイドともに対応します。)


   仲介事業者と契約済みの社長様にも、アドバイザーとして寄り添います。

   特に価格に関する助言、売却・買収後の補償を防ぐための表明保証を含む

   最終契約書の内容に関する助言を行います。

   ※費用はお見積もりいたします。


◆3.会社・事業売却に向けた事前準備コンサル業務


   数年後以降の会社(事業)売却を想定して、企業価値向上策などを助言いたします。

   ※原則無料で対応させていただきます。



お気軽にご相談ください。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

定額減税が始まります・・・令和6年6月開始

令和6年税制改正大綱で決定した所得税と住民税の定額減税が令和6年6月より開始します。 住民税の減税手続きは、各市区町村で行うため、納税者側での事務作業は基本的にありません。 しかし、所得税の減税手続きは、源泉徴収事務を担当する事業者側で行う必要があります。 具体的な事務作業の流れを確認する前に、所得税の定額減税の概略を確認してみましょう。 1:定額減税の額 ●自分+扶養親族・・・一人あたり30,0

Comments


bottom of page