経営改善計画書策定支援サービス

更新日:2021年3月6日

金融機関から「リ・スケジュール(返済猶予)及びリ・スケジュールの延長」を受けるためのご案内!


◆「経営改善計画書策定支援サービス」の概要

弊所が貴社のご依頼を受けて、貴社の財務部長的な立場で、リ・スケジュールに必要な計画書の立案・必要書類の作成・金融機関への積極的な説明補助業務等を行います。経営改善計画書は、貴社の3年~5年後の《未来》を描いく新しい貴社の創造活動です。

 《リ・スケジュール》とは、金融機関から融資をうけた際の返済条件を変更することを意味します。例えば1,000万円の融資を5年返済する条件(年間200万円の返済)を、7年返済(年間約143万円)に変更する手続きです。

※書類の作成や金融機関との対応(積極的な説明補助業務)は、弊所が主体的に行います。

※リ・スケジュール実行時においても、「手持ち資金の最大化と返済金額の最小化」を目指します。

「経営改善計画策定支援補助金」を積極的に活用して貴社の経済的負担を軽減します。

※本サービスは、状況によりお引き受けできないことがあります。また、対応は非弁行為に当たらない範疇に限定されます。あらかじめご了承願います。

◆このような企業様に最適です。

▶ 返済猶予(リ・スケジュール)を検討している。

▶ 返済猶予(リ・スケジュール)の延長を検討している。

▶ 金融機関対応がよくわからない。

▶ 金融機関への提出資料の作成が面倒だ。

▶ 金融機関との交渉がうまくいっていない。

▶ 新規の融資を受けたい。


◆導入の効果

▶ 弊社が金融機関対応の窓口(積極的な説明補助)になります。対応の煩わしさから解放されます。

▶ 最善な経営改善計画書を策定することで、早期のリ・スケジュールを実現します。 

▶「手持ち資金の最大化と返済金額の最小化」の実現により、その後の資金繰りにできるだけ余裕を持てるよう最善を尽くします。


より具体的には・・・・

条件変更により元金返済額を0円にすることを目標とします。

 ⇒結果として元金を返済しなくてよいため、資金繰りが安定します。

借入をしている複数の金融機関同士の調整役も当社が引き受けます。

 ⇒結果として対銀行の根回しの煩わしさから解放されます。

計画と実績のズレを毎月の試算表で確認して達成度を協議します。

 ⇒結果として迅速に次の一手を打てます。


◆サービス詳細

サービス名 :経営改善計画書策定及び金融機関対応支援サービス

サービス内容:経営改善計画書の策定・金融機関との積極的な説明補助業務等

サービス料金:30万円~

「経営改善計画策定支援補助金」を利用できる場合があります。


<お問い合わせ先>

株式会社資金繰改善プロジェクト

東京都豊島区東池袋1-31-10 ドミール池袋1012号室

TEL:03-6915-2913 FAX:03-6915-2973

問い合わせフォームはこちら


閲覧数:45回

最新記事

すべて表示